天照大神の種火灯し
種火とは
2015年の5月、私は初めて伊勢神宮に参拝しました。
このとき内宮で天照大神様と思われる神様から「種火」をいただき、
それを人々に配り「自分らしさの明かり」を広げられるようにと仰せつかりました。

それから、両手を向かい合わせるとその間に炎が灯るようになりました。
最初はどのように配るのかわからず、試行錯誤をしておりましたが、
何度も色々な渡し方をする中で、渡すほうの渡し方、受け取る人の受け取り方に一定の型があるとわかりました。
その型通りにお渡しする事で、受け取った人の胸に炎が灯せるようになりました。

人によって種火の特徴が違うため、その特徴もお伝えいたします(色や様子など)。

こちらのBLOG記事もご参考ください。
望月彩楓のBLOG 伊勢神宮で天照大御神様から「種火の点く手」を頂いて来ました
望月優次のBLOG 伊勢の神様に会う前に 外宮 内宮



料金
無料



受け取るには
対面セッション、ぼちコン、参拝同行などの対面機会のある依頼いただいたクライアント様、
または私が主催するイベント等にご参加いただいた際、5分ほどの時間と、落ち着ける場所があればお渡しできます。

※すみませんが種火渡しのみの対面アポイントはご対応できかねます。
自分自身もクライアントさんも、両者が幸せになれるようバランスを重んじております。


プライバシーポリシー|特定商取引法の表示
Copyright © since 2012 Ayaka Mochizuki All Rights Reserved.